「ゼットエー」に決定 市原市のスケートパーク命名権

  • LINEで送る

今春に全面オープンする市総合公園の「スケートパーク」=市原市
今春に全面オープンする市総合公園の「スケートパーク」=市原市

 市原市は、今春に全面オープンする市総合公園(愛称・上総更級公園、同市更級)の「スケートパーク」のネーミングライツ(命名権)パートナーが、ゴルフ用具リサイクルチェーンなどを運営する「ゼットエー」(本社・同市東五所、扇山信二代表取締役)に決まったと発表した。

 契約は3年間(4月1日~2016年3月31日)で命名権料は年間35万円。名称は「スケートコートオリプリランド」になる。

 同市は、民間事業者等との協働による新たな財源確保と、地元経済の活性化へ複数の公共施設でネーミングライツ・パートナーを募集してきた。

 同社の同市施設の命名権取得は中央武道館、臨海球場・臨海競技場に次ぎ4施設目。全施設のパートナー料は合計1455万円(年間485万円)となる。