小学校HPで日本一 2万校から「大賞」に 伸び伸び、圧倒的な情報量 印西内野小

  • LINEで送る

全日本小学校ホームページ大賞に輝き、都内で今月2日に行われた表彰式に出席した印西市立内野小の6年生代表児童ら(内野小提供)
全日本小学校ホームページ大賞に輝き、都内で今月2日に行われた表彰式に出席した印西市立内野小の6年生代表児童ら(内野小提供)

 全国の小学校ホームページ(HP)を審査する「第10回全日本小学校ホームページ(HP)大賞」で、本県代表の印西市立内野小学校(田浦義明校長、児童377人)が、約2万校の頂点となる大賞に選ばれた。

 保険会社が事務局を務める実行委員会(委員長=村井純慶大環境情報学部長)が主催。児童がHPを使いこなす環境づくりや情報教育推進などを目的に2003年にスタートした。

 内野小のHPは本年度から6年生が中心となり、学校での出来事や興味を持った新聞記事などを紹介する「子ども版サイト」を新設。昨年11月に県内818校の代表となり、全国大会で「グローイングアップ賞」を受賞。10校を対象にした最終選考で大賞に輝いた。