房総通リズム春の観光特集2024

多角的に読み解く文化と歴史 本展だけのレアな資料も 企画展「歴博色尽くし」

醍醐寺五重塔の彩色模型を説明する担当教授=佐倉市の国立歴史民俗博物館
醍醐寺五重塔の彩色模型を説明する担当教授=佐倉市の国立歴史民俗博物館
漆工芸のコーナーで展示されている印籠
漆工芸のコーナーで展示されている印籠

 信号や標識、冠婚葬祭の服など生活に色は欠かせない。そんな色を歴史、考古、民俗、自然科学とさまざまな視点から考える企画展「歴博色尽くし」が佐倉市の国立歴史民俗博物館で開かれている。収蔵庫に眠ったまま展 ・・・

【残り 930文字】



  • LINEで送る