海老原市議に辞職勧告 「不正、誠に遺憾」 松戸市議会決議

  • LINEで送る

 海老原弘松戸市議(60)が破産手続き前後の数年間に約4千万円の収入があったなどとして東京国税局から申告漏れを指摘された問題で、同市議会の9議員は連名で、12月定例会開会日の4日、海老原議員に対する辞職勧告決議案を提出し、市議会は全会一致で可決した。海老原市議は報道各社宛てに「市民への信頼回復のため一身をなげうち働かせていただく所存」などとのコメントを出し、辞職勧告に応じない考えを示した。