宇宙かぼちゃの逸品並ぶ 最優秀は「あったかすいとん」 松戸でレシピ大会

  • LINEで送る

市民らの自慢の逸品が並ぶ「宇宙かぼちゃレシピコンテスト」
市民らの自慢の逸品が並ぶ「宇宙かぼちゃレシピコンテスト」
最優秀賞に選ばれた「あったかすいとん」を作った鈴木陽子さん
最優秀賞に選ばれた「あったかすいとん」を作った鈴木陽子さん

 宇宙飛行士の山崎直子さんとともに宇宙を旅したカボチャによる地域活性化事業の一環「宇宙かぼちゃレシピコンテスト」が25日、松戸市内で開かれ、事前審査で選ばれた11人が宇宙かぼちゃを具材に使ったアイデア作品を調理した。聖徳大学人間栄養学科1年、鈴木陽子さん(25)の「白宇宙かぼちゃのあったかすいとん」が最優秀作品に選ばれた。

 同レシピコンテストは市民組織「松戸白宇宙かぼちゃの会」(林護会長)の主催で、今回が初開催。宇宙に行ったカボチャの遺伝子を受け継ぐ松戸産の和カボチャ「松戸白(しろ)」を使うことが条件。応募者217人、応募総数230品の中から審査を通った11品が松戸市民会館の調理室に並んだ。応募した市民自らが調理の腕を振るい、自慢の逸品をアピールした。

 最優秀作品の「あったかすいとん」はすいとんにカボチャを練り込み、他の食材やショウガと混ぜて煮込んだ作品。