遊んで主体性伸ばそう! こどものまち全国サミット 市川

子どもの視点から「こどものまち」を評価する小学生から社会人までの“まち出身者”ら=8日、市川市鬼高の県立現代産業科学館
子どもの視点から「こどものまち」を評価する小学生から社会人までの“まち出身者”ら=8日、市川市鬼高の県立現代産業科学館
サミット会場の屋外に「こどものまち」の一部を再現したスペース
サミット会場の屋外に「こどものまち」の一部を再現したスペース

 市川市鬼高の県立現代産業科学館で8日、「こどもがつくるまち全国主催者サミット12in千葉」が開かれた。「こどものまち」は遊びながら子どもの主体性を伸ばすことなどを目的としており、全国でこの取り組みを主催しているNPO関係者ら約150人が参加した。

 県内でも地元市川市をはじめ、佐倉市、千葉市で毎年開催。市川市では今年で10回目を迎え、9月29、30日と今月6、7日計4日間にわたり計3会場で行われ約4千人の子どもが参加した。

 サミットは全国の「まち」の現状と課題、今後の方向性などをテーマに開催。「こどものまちに託す大人の思い」と題したシンポジウムでは、市川でこどものまちを主催するNPO法人市川子ども文化ステーションの渡慶次康子理事長ら全国の主催者4人が登壇。「“まち“に積極的に関わってきた子どもたちが大学生や社会人になって、実社会でもまちづくりに関心を持つ大人に成長している」「引っ込み思案だった子どもが主体的に参加する楽しさを発見した」などの成果が報告された。


  • LINEで送る