強風の中、670人が完走 ツール・ド・ちば2012 最終日

  • LINEで送る

強い向かい風が吹く中、歓喜のゴールイン=8日午後、九十九里町の不動堂海岸
強い向かい風が吹く中、歓喜のゴールイン=8日午後、九十九里町の不動堂海岸

 秋の房総路を自転車で走り抜ける「ツール・ド・ちば2012」(千葉県観光物産協会主催、ツール・ド・ちば2012実行委員会共催)の最終日が8日行われ、約670人が100キロのコースを完走した。

 午前8時に鴨川市総合運動公園特設会場を出発。鴨川有料道路、亀山ダム、石尊山とアップダウンが続く体力勝負の山岳地帯を通過。強い向かい風が吹く中を御宿町から海岸線のルートを走り、九十九里町の不動堂海岸でゴールを迎えた。

 無事に完走した参加者たちは、地元商工会女性部が差し入れてくれた、イワシの団子汁を食べてロングライドの疲れを癒やしながら、完走証を手に互いの健闘をたたえ、来年の「ツール・ド・ちば」での再会を誓い合った。