被災地支援バスを企画 南相馬でがれき撤去 若葉区の養護教諭渡辺さん

  • LINEで送る

ボランティアバスについて説明する渡辺さん=千葉市若葉区
ボランティアバスについて説明する渡辺さん=千葉市若葉区

 千葉市若葉区の市立養護学校教諭、渡辺俊夫さん(52)がJR千葉駅前から東日本大震災の被災地・福島県南相馬市に向かう「ちば→とうほくボランティアバス」を企画した。10月5日深夜に出発し、7日まで、同市の沿岸部でがれき撤去や草刈りなどを行う予定。

 ボランティアバスは10月5日午後11時にJR千葉駅前を出発、深夜0時にJR東京駅八重洲口周辺を経由して、早朝、南相馬市に到着。6日と7日にがれき撤去や草刈りといったボランティア活動を行い、同日、バスで都内や千葉市内へと戻る。既に27人以上が応募しており、バス空席分の若干名、参加者を募集している。

 年齢、性別不問(未成年者は保護者の同意が必要)。参加費は約9千円。食事代、入浴代などは実費。6日夜の宿泊は無料宿泊所もしくは各自実費でビジネスホテルを使用する。定員になり次第終了。

 問い合わせは渡辺さん(chiba_tohoku@yahoo.co.jp)。