房総通リズム春の観光特集2024

小倉へ左遷 森鷗外(5) 中谷順子 【房総の作家】

 鷗外は明治32年(37歳)小倉第十二師団軍医部長を命ぜられ小倉へ。左遷との意見もあるが、後妻となる荒木志げと知り合う幸運もあった。小倉で前妻・登志子の死去を知る。

 明治35年1月、判事・荒木博臣の長女・志げ(22歳)と再婚。再婚同士だ ・・・

【残り 1051文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る