雨・雪を高解像度で判別 世界初の多周波観測へ ウェザーニューズ ドローン実用化後押し

ドローン運航の際の気象リスク。新レーダーシステムの開発で、迂回ルート選定を手助けする(ウェザーニューズ提供)
ドローン運航の際の気象リスク。新レーダーシステムの開発で、迂回ルート選定を手助けする(ウェザーニューズ提供)

 ウェザーニューズ(千葉市美浜区)は、雨・雪・霧を自動判別し高解像度で観測できる、世界初の多周波気象レーダーシステムの開発に着手したと発表した。ドローンや空飛ぶ車など次世代モビリティー(乗り物)への注目 ・・・

【残り 636文字】



  • LINEで送る