TX3期連続の純増益 沿線開発進み、乗客増加

  • LINEで送る

 つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(東京都台東区)が4日発表した2012年3月期決算は、純利益が前期比18・2%増の25億3000万円だった。沿線開発が進み、乗客数が増加した。増益は3期連続。

 運賃収入などの営業収益は前期比1・9%増の360億7400万円。研究学園駅(茨城県つくば市)、南流山駅や流山おおたかの森駅などで沿線開発が進み、定期券利用客が堅調に伸びた。他路線からの乗り換え客も増えている。震災の影響で冷え込んだ定期外の利用客数は9月以降に回復した。年間乗客数は前年度比2・6%増の1億489万人。