“雨の日おしゃれ”いかが レイングッズ多彩 県内百貨店

  • LINEで送る

女性客が足を止め、色とりどりの傘やレインコートを手に取っていた=30日、千葉市中央区の三越千葉店
女性客が足を止め、色とりどりの傘やレインコートを手に取っていた=30日、千葉市中央区の三越千葉店

 間もなく始まる梅雨の季節-。じめじめして憂うつになりがちな気分を、ぱっと明るくするような商品が、県内百貨店の店頭に並んでいる。最近のレイングッズは、より機能的でかわいらしく進化しているといい、各店は「雨の日おしゃれ」の提案に力を入れている。

 三越千葉店(千葉市中央区)は、5月30日から1階の特設売り場を拡大した。レインコートだけでも色とりどりの柄模様、ズボンのように裾を変形させられる自転車用などの高機能型と、多彩な約150着。風に強い、折りたたみ傘なのに大きいなど傘も機能、デザインが豊富だ。

 そごう千葉店(同区)の婦人靴売り場には、従来の長靴とは全く違うレインブーツ、レインパンプスが並ぶ。防水素材だが、普段履いても自然なデザイン。担当者は「晴れの日も使えるような、機能とおしゃれを兼ね備えた商品が多いのが今年の特徴。レイングッズがファッションの一部になってきた」。ほかにも雨晴兼用傘、カラフルなコートなどをそろえた。