酪農発祥地復興へ新牧場 搾乳ロボ導入、負担軽減 館山の「神余ファーム」

 「日本酪農発祥の地」と呼ばれる安房地域の酪農業復興へ、地元酪農家らが起業した「SO-up」(館山市、黒川一夫社長)が、同市神余地区に大規模酪農場「神余ファーム」を整備した。牛の能力や個性に合わせて搾乳できるロボットなど最新設備を導入して、生産者の負担を大幅に軽減する。同地域の生乳生産の維持・増加を図るほか、担い手育成にも取り組む。

 同社は酪農家が減少し、衰退の一途をたどる同地域の酪農業復興を目指 ・・・

【残り 616文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る