2020夏季千葉県高等学校野球大会

コストコ木更津店、7月30日開店 アウトレットとの集客相乗効果期待 千葉県内3店目

7月30日に開店するコストコ木更津倉庫店のイメージ(コストコホールセールジャパン提供)
7月30日に開店するコストコ木更津倉庫店のイメージ(コストコホールセールジャパン提供)

 会員制倉庫型店を展開するコストコホールセールジャパン(川崎市)は、コストコ木更津倉庫店(木更津市)を7月30日に開店すると発表した。県内でのコストコ出店は3店目。東京湾アクアライン着岸地の木更津市金田西地区に位置しており、関係者は、金田東地区にある三井アウトレットパーク(MOP)木更津との集客の相乗効果を期待している。

 コストコによると、木更津倉庫店は店舗面積1万497平方メートルで、生活用品や家電製品、衣料品など約3500品を取り扱う。県内では幕張倉庫店(千葉市美浜区)、千葉ニュータウン倉庫店(印西市)に続き3店目の開店。国内では27店目。

 同社は主に県南地域からの来客を想定しており、担当者は「週末にアウトレットを訪れる人にも来てもらえると思う」と見込んだ。

 出店場所は、県が手掛ける金田西特定土地区画整理事業区域内で、同社が昨年1月末に保留地を落札していた。コストコの開店に県市街地整備課は「金田西地区としては大きな拠点となる最初の商業施設。今後の企業誘致にも弾みがつく」と期待した。同地区内ではこのほか、総合建設業の新昭和(君津市)が複合商業施設「(仮称)木更津ゲートウェイ・ヴィレッジ」の建設を計画している。

 コストコは開店記念キャンペーンとして、開店前日の7月29日までに現地仮事務所か他の店舗で新規入会すると、初年度は年会費(法人会員4235円、個人会員4840円)が千円引きになるキャンペーンを実施中。隣接するガソリンスタンドはきょう18日に先行開業する。


  • LINEで送る