新型コロナウイルス情報

映画見放題 定期券を限定販売 京成ローザ

京成ローザ⑩映画定期券の見本(イウォレ京成提供)
京成ローザ⑩映画定期券の見本(イウォレ京成提供)

 京成グループのイウォレ京成(千葉市中央区)は、運営するシネマコンプレックス「京成ローザ(10)」で期間中に何度でも鑑賞できる映画定期券を限定100枚で販売している。

 新型コロナウイルス拡大防止のため1カ月半にわたり休館した同館は、ウェブ配信で作品を見る“映画館離れ”を懸念。担当者は「もう一度、映画館で映画を見る素晴らしさを感じて」と呼び掛けている。

 同社によると、映画定期券は税込み5万円で、有効期間は購入日から5カ月。特別興行の作品を除き同館で映画が見放題となる上、近くのレストラン「ベリエール」が何度でも20%引きで利用できる。

 このほか、通常より割安になる映画回数券(15枚セット税込み2万円、7枚セット同1万円)と、ポップコーン回数券(11枚セット同5千円)も発売。販売場所は京成ローザ(10)イースト館券売所で、販売数量は各券100枚(先着順)。

 同館は4月8日から営業を休止したが、座席の間隔を空けるなどの感染予防対策を講じ5月27日に再開した。問い合わせは同館(電話)043(225)6355。


  • LINEで送る