千葉そごうジュンヌ館改装 GUなど新規5店 若者、ファミリー層に力

GUなど5店舗が新規出店し改装オープンしたジュンヌ館=25日、千葉市中央区
GUなど5店舗が新規出店し改装オープンしたジュンヌ館=25日、千葉市中央区

 そごう千葉店(千葉市中央区)のジュンヌ館が25日、約5カ月の工事を終えて改装オープンした。アパレル大手の「GU」など5店舗が新規出店し、20~30代の若い世代やファミリー層の集客に力を入れる。同日は開店前から約100人が列を作り、新店舗での買い物を楽しんだ。

 ジュンヌ館は2005年に若者向け衣料に特化して開業したが、17年にものづくりなど体験型店舗を中心とした専門館にリニューアルした。今回はさらなる集客力向上へ、今年5月から一部改装に着手。メンズやレディース、子供服まで幅広く扱うGUを2階の約半分のスペースで展開するほか、リーズナブルな価格の衣料ブランド「coca」や100円ショップ「Seria」もオープンした。

 体験を重視する「コト消費」の路線も引き継ぐ。新規入店した「ハロー!パソコン教室」では、来年度から小学校で必修となるプログラミングの講座を子ども向けに開講。県内3店舗目の寝具店「マイまくら」は、寝る時の姿勢を測定して枕をオーダーできたり、ガラス越しに羽毛布団を作る過程を見学できたりする。

 25日から11月4日は、本館との買い回りを進めるキャンペーンを実施。ジュンヌ館は期間中、前年同期の2割増しの売り上げを見込んでいる。そごう千葉店専門店部の谷本雅春部付部長は「本館の百貨店とは明確に役割を分け、家族で楽しく買い物できる施設にしたい」と話し、買い回り策などを講じてそごう千葉店全体での集客を高めるとしている。


  • LINEで送る