里山無料ツアー参加者募集 被災エリアに活気を 千葉市・市原市

 千葉市と市原市は、里山の風景が広がる「グリーンエリア」の魅力を体感してもらおうと、11月に行う無料のモニターツアー参加者を募集している。対象は東京都内在住の20~30代女性。ツアー後、アンケートに回答してもらい、同エリアの観光の課題を洗い出す。

 両市は千葉市若葉区と緑区、市原市の内陸部を「グリーンエリア」と称し、連携して観光PRを展開。台風15号で両市とも大きな被害を受け、一時は同ツアー中止の意見も出たが「千葉県外から多くの人に来訪してもらい、地域に活気を取り戻したい」と予定通りの実施を決めた。

 ツアーは1泊2日(11月16、17日)と日帰り(同23日)の2種類。1泊2日ツアーは千葉市内でピーナツバター作りなどを体験して、昭和の森フォレストビレッジ(同市緑区)に宿泊。翌日は市原市内でキャンドル作りなどを行う。日帰りツアーは千葉都市モノレールと小湊鉄道を軸に両市を巡る。

 募集は各20人程度で、応募多数の場合は抽選。締め切りは10月20日。台風被害の復旧状況によってツアー内容に一部変更の可能性がある。問い合わせはJTBパブリッシング(電話)03(6888)7822。


  • LINEで送る