8日から“サマキャン” ベイエフエム リポーターら安全祈願

キャンペーンカーの前でポーズをとる(左から)岡田さん、島村さん、浜口さん=4日、千葉市花見川区の子守神社
キャンペーンカーの前でポーズをとる(左から)岡田さん、島村さん、浜口さん=4日、千葉市花見川区の子守神社

 ベイエフエム(千葉市美浜区、久保健社長)は4日、同市花見川区の子守神社で「bayfm サマーキャンペーン」(8日~8月18日)の出陣式を行い、キャンペーンリポーターらが期間中の交通安全と番組の成功を祈った。

 開局当初から展開している“サマキャン”。開局30周年の今年も、ベイエフエムオリジナルデザインのキャンペーンカーでDJらが放送エリア内の商業施設やレジャースポットなど約50カ所を訪れ、千葉の夏を盛り上げる。

 出陣式にはキャンペーンリポーターを務めるDJら関係者約20人が参加。久保社長が玉串をささげ、無事故を願ってキャンペーンカーもおはらいを受けた。

 DJの島村幸男さんは「DJ全員が一丸となって、リスナーに会いに行きたい。30周年を盛り上げたい」と力強く抱負。浜口順子さんは「ラジオの良さはリスナーとの距離の近さ。会うことでより身近に感じてもらえたら」と話し、岡田ロビン翔子さんは「おいしい食べ物やすてきなスポットなど、たくさんある千葉の魅力を伝えたい」と意気込んだ。

 各日のキャンペーンの様子はベイエフエムの番組内で紹介される。オンエア時間は月~金曜日が午後5時ごろ(火曜のみ同6時ごろ)、土曜日が同1時50分ごろ、日曜日が午前11時ごろの予定。


  • LINEで送る