“日本的雇用”見直しを 少子化に高齢者や女性活用 明海大学経済学部長 下田直樹氏(59) 【ちば新たな時代へ】(5)

 少子高齢化が進み、福祉の重要性が高まった平成。外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管法、働き方改革関連法が4月に施行されるなど、人々の働くカタチも過渡期を迎えた。膨張する社会保障費、非正規雇用の増加など、令和での課題は山積みだ。社会保障や労働経済に詳しい明海大学の下田直樹経済学部長(59)に新時代の社会像を聞いた。

 -社会保障の面で平成を振り返ると。

 「少子高齢化が一段と進み、社会保障費が膨らん ・・・

【残り 1808文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る