「ソアリン」7月23日開業 TDSの新アトラクション

  • LINEで送る

新アトラクション「ソアリン」の体験イメージ(OLC提供)
新アトラクション「ソアリン」の体験イメージ(OLC提供)

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド(OLC、浦安市)は18日、東京ディズニーシー(TDS)に建設中の新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の開業日が7月23日に決定したと発表した。ファストパスも導入する。

 210億円を投じた2006年オープンの「タワー・オブ・テラー」に次ぐ180億円規模の大型施設。スクリーンに映し出される映像に加え、風やにおいを感じながら世界中の名所や大自然をめぐる旅を疑似体験できる。海外のディズニー・テーマパークで人気のアトラクションだが、映像にオリジナルのシーンを加えて他パークと差別化する。

 シアター形式のアトラクションで1シアターの収容人数は87人。2シアターを設ける。