eスポーツ人気盛り上げ 幕張メッセでゲームショウ開幕

  • LINEで送る

 世界最大級のゲームの展示会「東京ゲームショウ2018」が20日、千葉市の幕張メッセで始まり、国内外から過去最大となる668の企業と団体が出展した=写真。コンピューターゲームで腕前を競う「eスポーツ」の人気を海外に続いて盛り上げようと展示を拡充。賞金総額1千万円の試合も開催し、動画配信で普及を狙う。

 東京ゲームショウは今年で28回目。21日までは関係者向けで、一般公開は22、23日。入場料(中学生以上)は当日1200円、小学生以下は無料。主催者は25万人の来場を見込んでいる。一般公開では、大型特設ステージで高額賞金を含む大会を8試合実施する。