五輪提供農産物 ブランド化加速 千葉県は独自に「ちばGAP」 梨、米など農家16軒が取得

 2020年に開催される東京五輪・パラリンピックを見据え、各地で農産物の生産管理の徹底ぶりを示す国際認証「GAP(ギャップ)」取得の動きが加速している。千葉県でも今年から独自の「ちばGAP」の認証がスタートした。ブランド化につながる期待もあり、産地間競争の様相を呈している。茶でG ・・・

【残り 1252文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る