「勝タン風」パン限定販売 8月から 山崎製パン千葉

  • LINEで送る

 山崎製パン千葉工場は、勝浦市発祥のご当地グルメを再現した新商品「ランチパック勝浦タンタンメン風」を8月1日から販売する=写真。

 「勝浦タンタンメン」は、漁師や海女が海仕事で冷えた体を温めるために食べられてきたソウルフード。ラー油が効いたしょうゆベースのスープに、豚ひき肉と刻んだタマネギが入るのが特徴だ。

 新商品は、魅力を発信する市民団体「熱血!!勝浦タンタンメン船団」が監修。パンの中に勝浦タンタンメン味の具材をはさんだ。希望小売価格は160円(税別)前後。8~9月の期間限定で県内を中心に量販店やコンビニ店で販売する。同社の担当者は「辛い具材をはさむことで、夏でも売れるパンを作った」と話す。