農産物の安全性向上へ 「ちばGAP」で説明会 輸出増、五輪も視野

 千葉県産農産物の安全性向上へ、県は独自の新基準「ちばGAP(ギャップ)」を創設した。農薬の使用量や施設の清潔さなどを定めており、基準をクリアしているか農業者自ら ・・・

【残り 718文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る