投票したら商品券 若者の政治参加 企業が後押し 成約条件に、浦安の明和地所

  • 0
  • LINEで送る

 千葉県知事選と浦安市長選、同市議補選の“トリプル選挙”が26日に行われる浦安市の不動産会社、明和地所は、若者の選挙参加を促すキャンペーンを実施する。

 投票日までに無料通話アプリ「LINE」の同社公式アカウントに「投票しました!」とのメッセージを送信し、その後、11月末までに同社で賃貸契約を結ぶと最高で1万円の商品券がもれなくもらえる。県内在住の30歳以下が対象。

 若者が住むアパートが多い地域では、戸建てや分譲マンションが多い地域に比べ投票率が低い傾向にある。キャンペーンを通じて投票率向上に貢献し、自社をアピールする狙いだ。

 同社担当者は「これまで選挙に興味がなかった若い人が1人でも多く投票に行ってくれれば。今後も選挙があるたび実施したい」と話している。