エレクトリカルパレード、来年7月にリニューアル TDL「アナ雪」も登場

  • LINEで送る

 東京ディズニーランド(TDL)を運営するオリエンタルランド(浦安市)は16日、TDLの夜の定番パレード「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」をリニューアルすると発表した。来年7月中に新パレードを始める予定。

 新パレードでは、ディズニー映画「アナと雪の女王」のフロートが夜のパレードに初登場。映画のワンシーンに出てくる氷の城をデザインする。

 また、2020年に映画「美女と野獣」がテーマのエリアができることから、関連したフロートがLEDを採用し6年ぶりに登場、夜のパークに再び彩りを添える。映画「シンデレラ」のフロートは、劇中に出てくるカボチャの馬車と舞踏会をイメージしたものに入れ替わる。

 同パレードのリニューアルは4度目。投資額は約11億円の予定。フロートの合計台数は現状の22台から21台に減るが、同社担当者は「人気の高いアナと雪の女王や、美女と野獣のフロートで、ゲストにより楽しんでもらえるのでは」と話している。