女性向け自販機開発 千葉市美浜区のビルに初設置 健康志向、常温商品も コカ・コーライースト

  • LINEで送る

 コカ・コーライーストジャパン(東京)は、女性に照準を合わせた自動販売機を開発し、1号機を千葉市美浜区のビル「幕張テクノガーデン」内に設置した。外観をカラフルにしたり、ストローを用意したほか、女性の需要が高い常温の飲料も品ぞろえに加えた。自販機利用は圧倒的に男性が多いことから、同社は年内に東京・千葉に200台を設置し、女性への販売拡大を狙う。

 1号機は同ビル2階のクリニック前に設置。蝶や植物がカラフルに描かれた外観で、水・無糖茶・果汁飲料・紅茶などヘルシーな商品をそろえた。「体を冷やしたくない」といった理由で常温の飲料を求める女性も多いことから、20度に設定した水とお茶も一部販売する。

 自販機の前面には、ストロー・紙ナフキン・コースターが入った箱を設置し、口紅を気にする女性にストローなどを使ってもらう工夫も取り入れた。6月21日の設置以来、コールド・常温商品ともに一定の売れ行きを確保しているという。

 同社によると、自販機の性別購入比率は男性84%、女性16%と圧倒的に男性が多い。開発に携わった同社の岩崎恵子さんは「少しでも女性への販売機会を増やしたい」と狙いを話す。同ビルは約9千人が勤務・来訪し、女性の利用も多いことから1号機の設置を決めた。

 女性向け自販機は他に、東京都内に2台設置済みで、船橋市内にもさらに2台を導入予定。同社は販売状況を分析し、今後、コールセンターやナースセンターなど女性の多い職場、女子高・女子大、婦人系医療機関などに設置を進める考えだ。