過去3番目の3019万人 ディズニー15年度入園者数

 オリエンタルランド(浦安市)は1日、東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の2015年度の合計入園者数が3019万1千人だったと発表した。過去最高だった14年度との比較では3・8%の減少だが、規模としては過去3番目だった。

 同社によると、TDSの新しいショー「キング・トリトンのコンサート」や、初めて2パークで開催したイースターイベントなどが好評を博した。当初予想の3040万人には届かなかったが、担当者は「予想とのずれは1%程度で、ほぼ見込み通り」とした。

 15年4月に実施した入園料値上げの影響は、入園者への満足度調査などを踏まえていることや、予想通り入園者数が推移したことから「影響はなかったとみている」とした。

 入園者数は、東京ディズニーリゾート開園30周年に当たる13年度に初めて3千万人を突破。14年度はTDLへの新しいショーの導入や人気映画「アナと雪の女王」関連のイベント開催が奏功し、過去最高の3137万7千人を記録していた。


  • LINEで送る