老舗ボウリング場9月末閉館 来場者減、施設老朽化で 千葉リバーレーン

  • 0
  • LINEで送る

9月末で閉館が決まった千葉リバーレーン=30日、千葉市中央区

 千葉市中央区の老舗ボウリング場「JFE千葉リバーレーン」が9月末で閉館することが30日、分かった。県内最大規模を誇り、国体など大規模な全国大会も開かれたが、来場者の減少や施設の老朽化により42年の歴史に幕を下ろす。

 64レーンを有するリバーレーンは1972年、JR蘇我駅最寄りにオープン。食堂や宴会場も併設し、地域の娯楽の一翼を担った。2010年5月の全日本選手権や同年9月の千葉国体などの舞台にもなり、国体開催時は天皇・皇后両陛下が競技を観戦された。

 ピークの1992年には約40万人が来場したが、若者を中心にボウリング離れが進み、来場者はこの20年間で4分の1に減少。水道や冷暖房設備が老朽化する中、運営するJFE東日本ジーエスは改修しても費用の回収が困難とみて閉館を決めた。

 2003年から支配人を務める木村雅一さん(58)は「地域にかわいがってもらってきたので寂しい」と閉館を惜しんだ。