TDR入園者1.7%減 4~9月、30周年の反動

  • 0
  • LINEで送る

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(浦安市)は1日、2014年度上半期(4~9月)の東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシーの合計入園者数が前年同期比1・7%減の1509万9千人だったと発表した。上半期としては過去最高だった前年に次ぎ2番目。

 開園30周年記念イベントが好調だった前年より下回ったものの、年間見込みの2800万人は上回るペース。TDLの夜の新ショー「ワンス・アポン・ア・タイム」、リニューアルしたアトラクション「ジャングルクルーズワイルドライフ・エクスペディション」が人気を集めた。前年に続き国内旅行やレジャーの需要が高かったことも影響した。