デビットカード新登場 現地通貨で引き出しも 10月から千葉銀行

 千葉銀行は10月1日、買い物をすると口座から即時引き落としされるデビットカード「ちばぎんスーパーカード<デビット>」=写真=の取り扱いを始める。クレジットカード大手、ジェーシービー(東京)と連携。JCBブランドのデビットカードは全国初となる。

 満15歳以上が対象の「一般」、満20歳以上の「ゴールド」の2種類を用意。口座からの即時引き落としに加え、JCBが提携する海外のATMで預金を現地通貨で引き出せる機能を持たせる。同行の地域優待サービスも利用でき、県内を中心とする35社約2850店舗で優待が受けられる。

 同行は既にクレジット機能を持たせたスーパーカードを取り扱っているが、新たにデビットカードを導入することで「カード利用の裾野を広げる」(同行担当者)狙いだ。取り扱い開始に合わせ、1日からキャンペーンを実施。カードを申し込むと現金千円、3カ月以内に一定額を利用すると最大5千円を贈呈する。


  • LINEで送る