NAA最高益更新 旅客伸び、物販けん引 14年3月期

 成田国際空港会社(NAA)が9日に発表した2014年3月期連結決算は、旅客数の伸びを受け、売上高に当たる営業収益が前期比5・4%増の1994億円、純利益は同30・1%増の199億円となった。純利益は04年の民営化後の最高を2年連続で更新した。営業収益はリーマン・ショック前に迫る歴代2位。今年3月末からの羽田空港の国際線増枠の影響を受け15年3月期の業績予想は減収減益としたが、落ち込み幅は限定的と見込んだ。

 決算内訳をみると、空港運営事業は営業収益が1068億円、営業利益79億円と、前期からほぼ横ばい。国際線着陸料引き下げで航空会社からの空港使用料収入は4・7%減ったが、国際線旅客から徴収の施設使用料は3・8%増えた。

 免税店利用の多い外国人旅客の回復に加え、格安航空会社の浸透で国内線客が大きく伸びたこともあり、店舗物販分野のリテール事業は営業収益が20・3%増の585億円、営業利益は29%増の177億円を生み出して全体をけん引した。

 駐車場利用者の増加などで、施設貸付事業の営業利益も137億円となった。

 同日発表した14年度の航空取扱量見通しは、発着回数が13年度比3・3%増の23万4千回で、旅客数は1・9%減の3537万人。このうち、国際線は5・6%減の2913万人と想定した。羽田に路線が移った欧州線を中心にマイナス影響は続くが、東南アジア路線などが堅調なため、落ち込みを一定程度カバー。国際航空貨物量は、消費増税による内需落ち込みも勘案して7・8%減と見込む。

 この状況を踏まえ、15年3月期の業績予想は営業収益が4・5%減の1906億円、純利益は17・2%減の165億円と算定。営業収益は歴代3位、純利益は2位を確保できるとした。


  • LINEで送る