「体験」重視の4モール 12月20日開業、年3500万人集客 吉本興業と連携強化 イオンモール幕張新都心

  • 0
  • LINEで送る

イオンモール幕張新都心のイメージ
調印した基本協定書を手にする岡崎双一イオンモール社長(右)と大崎洋吉本興業社長=19日、東京都港区

 イオンモール(千葉市)は19日、同市幕張新都心豊砂地区に建設中の大型商業施設「イオンモール幕張新都心」の開業日と概要を発表した。開業は12月20日。吉本興業の劇場やスポーツモール、親子で楽しめる仕事体験テーマパークなど「体験」を提供する施設を核とし、関東全域の広範囲からの集客を目指す。同社の「旗艦店」に位置付け、県内初85店を含む専門店約350店を集積する。

 延べ床面積は立体駐車場も含めて約40万2千平方メートル。駐車場は約7300台分を備える。「体験」を重視する新路線に挑み、隆盛するインターネット通販に対抗する。関東の居住者をはじめ、幕張メッセ利用者らも取り込み、年間3千万~3500万人の来館を見込む。

 大人の感性がテーマの「グランドモール」は趣味・娯楽分野を充実させる。県内初進出となる吉本興業の劇場は芸人のお笑いショー、アイドル公演などを展開。10スクリーン、約1600席を持つ複合映画館「イオンシネマ」も入る。

 「ファミリーモール」には子どもが警察、航空会社など約35種の仕事を体験できる国内初のテーマパーク「カンドゥー」、特撮ヒーローの世界観を楽しめる体験型博物館「東映ヒーローワールド」、栗山米菓(新潟市)の人気菓子「ばかうけ」を自分で焼ける「ばかうけサーカス」が入る。

 スポーツ棟には、日本最大級の体験型スポーツモール「スポーツオーソリティ」が進出。試乗コースを併設した自転車店も出店する。

 「ペットモール」には国内最大級の総合ペットストア「PECOS」が開業。24時間対応ホテルや病院が入る。

 19日都内で開かれた記者会見でイオンモールと吉本興業は国内だけでなく、東南アジアで展開する施設でも文化・娯楽の発信で協力する方針を発表し、基本協定に調印した。