生活利便型の商業施設へ 来年6月オープン 千葉市美浜区「PAT稲毛」跡

  • 0
  • LINEで送る

京葉土地開発が千葉市美浜区に建設する新たな商業施設のイメージ

 三菱地所系不動産会社の京葉土地開発(東京)は4月に営業終了した千葉市美浜区稲毛海岸の商業施設「PAT稲毛」跡地に新たに商業施設を建設する。9月に着工し、来年6月のオープンを予定している。

 PAT稲毛の敷地は定期借地として同社が別の企業に貸し1998年4月から運営されてきたが、契約期間満了により営業終了。スポーツ系ファッション店やホームセンターなど約40店が集積していたが、開業から15年が経ち市場環境が変化してきたことから、店舗構成を見直して同社が自社運営することにした。

 敷地約9900平方メートルの中に平屋建ての商業棟2棟を建設する。延べ床面積は計約4千平方メートルとPAT稲毛の3分の1にまで縮小し、店舗数は7店。食品スーパーを核とし、ドラッグストア、飲食店、美容室、クリーニング店などでつくる生活利便型の施設とする。