オリエンタルランド最高益 開業30周年で入園者増 4~6月期

  • 0
  • LINEで送る

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC、浦安市)が30日発表した2013年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比22・4%増の1070億6200万円、純利益は39・6%増の162億7600万円だった。いずれも第1四半期として過去最高の実績。開業30周年イベントの効果で入園者数が過去最多を記録した。

 30周年を記念して5年ぶりに刷新した昼のパレードや、5月にリニューアルオープンしたアトラクション「スター・ツアーズ」が人気で、2パーク合計の入園者数が予想を上回った。30周年関連のグッズ販売や飲食販売も好調で、入園者1人当たりの売上高は過去最高。ディズニーホテルの客室稼働率も上昇した。