乗客数最高4892万人 営業利益50億円達成 13年3月期 東葉高速

  • LINEで送る

 東葉高速鉄道(八千代市)が17日発表した2013年3月期決算は開業以来最高となる乗客数を記録し、売上高に当たる営業収益は前期比1・7%増の151億7200万円だった。営業利益も12・9%増の50億5000万円と初めて50億円台を達成した。

 年間乗客数は2・1%増の4892万3千人。東日本大震災後の利用の落ち込みから回復してきたことに加え、八千代緑が丘駅や船橋日大前駅周辺などの開発に伴い沿線人口が増えていることが寄与した。