東金-木更津間の効果報告 未完成区間の促進へ結束 圏央道建設促進同盟会

 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)建設促進期成同盟会(会長・森田健作知事)は17日、2013年度通常総会を千葉市中央区のホテルで開いた。森田知事や市町長ら約70人が出席。事業計画など3議案を全会一致で可決した。

 事業計画には、早期建設を促進するための世論の喚起や関連機関などへの要望活動、関連道路の一体整備の促進などの事業を盛り込んでいる。

 会場では、4月に開通した圏央道東金-木更津間の効果も報告された。ゴールデンウイークの1日平均の通行車両数は東京湾アクアラインが前年同期比8%増、東金九十九里有料道路が14%増、鴨川有料道路が11%増と、軒並み交通量が伸びた。


  • LINEで送る