111億円で大成が落札 成田LCCターミナル

 成田空港に新設される格安航空会社(LCC)専用ターミナルの本体工事を、大成建設が111億8250万円(税込み)で落札した。16日付で成田国際空港会社(NAA)が契約を結んだ。2015年3月末までに完成予定。

 NAAによると、入札には5社が参加。契約を結ぶ上限の価格は約118億6千万円に設定されていた。NAAは、LCC側の要望も踏まえ、できる限り低コストで整備する方針を示しており、「今回の入札でも一定の費用抑制を図ることができた」としている。


  • LINEで送る