電車型自販機、2号機導入 新京成電鉄、常盤平駅に

 新京成電鉄は、電車型自動販売機の2号機を松戸市の常盤平駅に導入した。北習志野駅に設置した1号機が他の自販機の約2倍という好売上を記録し、飲料販売会社などから待望論が出ていたという。

 2号機は、1号機のモデル電車「8000形」の次世代車両に当たる「8800形」を型どった。側面に飲料や菓子の自販機を2台ずつ配置。

 同社は「(1号機は)設置場所が良かった可能性も捨てきれないが、目を引くデザインが通行客の購買意欲アップにつながったはず」と分析。23日には菓子や飲料の無料配布イベントを行って電車型自販機をアピールする。


  • LINEで送る