稲毛に929戸マンション 新日本建設など開発 千葉市内最大級

  • 0
  • LINEで送る

JR稲毛駅近くに開発されるマンション「ウェリス稲毛」の完成イメージの模型

 新日本建設(千葉市美浜区)を含む5社が共同で、JR稲毛駅近くで市内最大級の929戸の大規模マンション開発を進めている。総武線快速の停車駅の近隣地とあって、モデルルームには今月5千人以上が来場するなど注目を集めている。2015年3月までに全6棟が完成する見通しだ。

 物件の名称は「ウェリス稲毛」。事業主は同社のほか、NTT都市開発、大和ハウスなど。建設工事は新日本建設と大成建設が請け負う。

 建設地はJR稲毛駅まで徒歩5~6分の工業用アルコールの工場跡地で、敷地面積3万7900平方メートル。鉄筋コンクリートの14階建てマンションを6棟建設する。昨年9月に着工し、第1工区の3棟約400戸は14年3月に完成。第2工区は同年9月、第3工区は15年3月に順次完成する。第1弾の販売としてきょう30日に購入希望者の登録を受け付け、4月5日に抽選を行う。