北総鉄道が債務超過解消 中間期は増収増益 開業来初

  • LINEで送る

 北総鉄道(鎌ケ谷市)が18日発表した2012年9月中間決算は、売上高に当たる営業収益が前年同期比4・1%増の79億600万円、純利益が21・8%増の14億1100万円だった。これにより、1979年の開業以来初めて債務超過が解消され、純資産約5億円を計上した。ただ、累積赤字はいまだ243億円に上る。

 同社は建設費用の返済と金利負担が経営を圧迫、千葉ニュータウンの計画人口縮小で乗客数が伸び悩んだことで、赤字が膨らんだ。コスト削減と金利低下で2000年度から黒字が出始め、最大で198億円(99年度末)に上った債務超過を、12年間で解消した。

 北総線では高額運賃が問題となり、地元自治体が値下げ要望を続けている。債務超過の解消による運賃値下げの可能性について、同社は「有利子負債は約890億円、累積赤字もあり、現段階で考えられる状況ではない」と説明。また、「ようやく経営安定化へ一歩進んだ。今後、収支バランスを保ちながら老朽化対策など安全面の投資を実施していかなければならない」とした。