イオンタウンおゆみ野で千葉県産品フェア 県誕生150周年記念 旬の野菜、鮮魚のおいしさ知って

イオンタウンおゆみ野で県産品を品定めする来店客=15日、千葉市緑区
イオンタウンおゆみ野で県産品を品定めする来店客=15日、千葉市緑区

 千葉市緑区の商業施設「イオンタウンおゆみ野」で15日、千葉県誕生150周年を記念した「千葉県産フェア」が始まった。県産の農産物や水産加工物を販売するほか、県内市町村の観光PRなども行う。18日まで。

 同施設内のスーパーに複数の専用コーナーを設け、県産の梨やトマト、小松菜を販売。17日までは館山産真あじの開きなどの水産加工物や、香取産のブランド豚「恋する豚」なども用意する。きょう16日には館山漁港直送の朝取れ鮮魚を販売予定。

 同施設の担当者は「地域の顧客に県産の農産物などの魅力を知ってもらい、千産千消を推進するとともに、県誕生150周年を盛り上げたい」と話した。

 また、期間中、チーバくんとの触れ合いイベントや、同市を拠点とする音楽グループの演奏会なども実施する。


  • LINEで送る