千葉ラーメンの達人たち

■プロフィール
山路 力也(やまじ・りきや)
フードジャーナリスト・千葉拉麺通信主宰。著書にラーメンマップ千葉6など多数。千葉市在住。


香ばしさ漂う和風ラーメン 魔乃巣(松戸市本町)

  • 0
  • LINEで送る

 県内屈指のラーメン激戦区である「松戸」。毎年数多くのラーメン店が松戸駅周辺にオープンし、同時に多くの店が暖簾(のれん)をたたむ。まさに戦国時代の様相を呈しているこの街で、今注目を集めている店が「魔乃巣」である。店主の木下重明さんは、同名のショットバーを経営していたが、その店で出していたラーメンが人気を集めたことから、昨年1月にラーメン専門店として移転リニューアルをした。

 ラーメンの修業経験はなく、独学で研究を重ねたというラーメンは、オリジナリティーあふれる和風。豚骨と根菜類をじっくりていねいに半日以上かけて仕上げたスープはまろやかなコクを持つ。そこに焦がしネギと焦がしニンニク油の香ばしさが加わって、まろやかさの中にキリッとした表情を併せ持っている。東京の人気製麺所に特注した麺は、しっとりとした食感でスープと見事に絡み合う。柔らかなチャーシューは丼を覆うほどの大きさ。どれも玄人はだしの完成度の高さに驚かされるが、修業経験がない分、「ラーメンの常識や先入観にとらわれることなく味作りできた」と木下さんは語る。それには味に対する確かな考えが不可欠で、自分がおいしいと感じる味がはっきりと見えているからこそ、この味が生み出せたに違いない。

 新しい店にもバーカウンターをしつらえており、ラーメン店とは思えないシックな雰囲気。カウンターの止まり木に腰掛ければ、丼と真剣に向き合う木下さんの姿が目の前に。新感覚の和風ラーメンを大人の空間で心ゆくまで味わおう。

 【交通】JR線松戸駅より徒歩4分。電話なし。