千葉ラーメンの達人たち

■プロフィール
山路 力也(やまじ・りきや)
フードジャーナリスト・千葉拉麺通信主宰。著書にラーメンマップ千葉6など多数。千葉市在住。


家に招かれたような温かさ 花キッチン(山武郡大網白里町)

  • 0
  • LINEで送る

 大網白里ののどかな田園風景の中に建つかわいらしい一軒の家。どこから見ても普通の家だが、ここはれっきとしたラーメン店。店主の成清茂さんは、長年中華街で食材に関わる仕事をしていたが、店を持ちたいと職を辞して開業を決意。自宅のリビングと庭を客席に、台所を厨房にしてラーメン店を開いてしまった。駅からも遠く、大通りからも離れた立地にもかかわらず、近隣の常連客はもちろん遠方からも車でやって来るほどの人気ぶりだ。

 料理の世界の表と裏を見て来た店主が、自らの店を立ち上げるにあたって目指した味は「自分が毎日でも安心して食べられる体に優しい料理」。化学調味料や余計な添加物は一切使わずに、麺も天然かん水を使用した特注。素材も徹底的に吟味し、千葉県産の無菌豚や房総赤どりの丸鶏に白子産の煮干、朝採りの無農薬野菜と地元産を積極的に使用している。そして調理も一つ一つすべて注文を受けてから手作り。優しい味わいがじわじわと体中に染みてくるような感覚にとらわれる。中でも金ゴマをたっぷり使用した担担麺は、自家製の芝麻醤やラー油の他、体に良いとされる中国黒酢を用いた滋味あふれる一杯だ。

 リビングで店主の奥様と談笑したり、庭一面に広がる花をながめたりしていると、隣の台所から聞こえてくる料理の音。そして出て来た一杯はもてなしの心にあふれている。まるで友人の家に招かれたような温かさがあるこの店は、日々の忙しさの中で失いかけた大切な時間を取り戻す事ができる場所なのだ。

 【交通】JR外房線永田駅より車で5分。電話0475(73)7324。