千葉ラーメンの達人たち

■プロフィール
山路 力也(やまじ・りきや)
フードジャーナリスト・千葉拉麺通信主宰。著書にラーメンマップ千葉6など多数。千葉市在住。


深化した房総の味 千葉ラーメン拉通(八千代市神久保)

  • 0
  • LINEで送る

 日本全国にはその土地で長年愛されてきた独特のラーメン文化があるが、房総半島にも昔から愛されている一杯がある。キリッとした醤油の味わいと印象的な香りのスープ、刻み生タマネギ。醤油でしっかりと煮込まれたチャーシューがたっぷり入った「竹岡式ラーメン」である。元祖の富津・竹岡漁港にある「梅乃家」の店の味をリスペクトして深化させたのが「千葉ラーメン拉通」である。

 ご主人の川崎隆一さんは生まれ育った勝浦でラーメン店を営んだ後に、新しい千葉のご当地ラーメンを発信したいと十年前に今の店を開業した。新たな製法や手法でオリジナルを提供しつつ、千葉の恵みや食文化を生かしたメニューも考案。人気を集めてきた。一昨年からは東京ラーメンショーなどのイベントで、房総の味を広く伝えたいと梅乃家に了承を得て「竹岡式ラーメン」を販売。大反響を呼び、今年からレギュラーメニューとして提供し、早くも地元客を中心にリピーターをつくっている。

 川崎さんは竹岡式の特徴の一つ、チャーシューを炭火ロースターを使って自家燻製することで、香ばしくジューシーに深化させた。元祖御用達の製麺所で麺を共同開発し、醤油も同じメーカーを使用。元祖のいいところは残しつつオリジナリティを加えた一杯は、新・ご当地ラーメンと呼ぶにふさわしい。

 【交通】北総小室駅より車で5分。電話047(488)8803