千葉ラーメンの達人たち

■プロフィール
山路 力也(やまじ・りきや)
フードジャーナリスト・千葉拉麺通信主宰。著書にラーメンマップ千葉6など多数。千葉市在住。


牛骨の旨み濃縮 屋台拉麺一’s(千葉市稲毛区)

  • 0
  • LINEで送る

 寒い季節に「屋台」を思い出す人は少なくないだろう。飲んだ締めに外で熱々のラーメンを食べて身体を暖めるひととき。「店舗に比べたら屋台なんて」と思う方もいるだろうが、お店に負けないラーメンを出す屋台は意外とある。店舗を持って、さらに人気を集める店も。稲毛駅前で12年にわたり愛されている「屋台拉麺一’s」もそんな人気店の一つだ。創業時と店構えは違えど、変わらぬ味を出している。

 ご主人の小島潤一朗さんは2002年、稲毛駅前の駐車場に軽トラックを置いてスタートさせた。コックコートに身を包み、白を基調にしたお洒落な雰囲気が一躍話題になり、2年後には念願の店舗で再オープン。そして今年、2階建てにリニューアルした。味の基本設計は屋台時代と変わらない一杯。12年前に千葉で数少なかった「牛骨」を全面に出し、旨味の軸に据える。上質な和牛の骨をゆっくりと煮込んだスープは、豚や鶏とは違った旨味が凝縮。塩味が味わいを引き立てる。じんわりと広がる風味を受け止めるのが食感の良い極細麺。ありそうでなかったオリジナルの組み合わせだからこそ、十年以上経っても古さを感じさせないのだ。

 新しい店舗はアルコールメニューも充実していて、軽く飲むにもピッタリ。またファミリー向けに考慮したスペースも用意するなど、地元の人たちの憩いの場として早くも愛されている。

 【交通】JR稲毛駅より徒歩2分。電話043(287)5117

 ・・・

【残り 628文字】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円のライトプランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン