千葉ラーメンの達人たち

■プロフィール
山路 力也(やまじ・りきや)
フードジャーナリスト・千葉拉麺通信主宰。著書にラーメンマップ千葉6など多数。千葉市在住。


小麦香る自家製麺の味わい 兎に角(松戸市根本)

  • 8
  • LINEで送る

 かつてはスープにばかり注目が集まっていたラーメンの世界だが、ここ数年麺に対しての意識が高まってきている。製麺所は店のスープに合ったオリジナルレシピの麺を作るようになり、ラーメン店も自ら麺を作る店が増えてきた。県内屈指のラーメン激戦区、松戸駅周辺にも数多くの自家製麺の人気店が軒を連ねるが、その中でも長年人気を博している店が「兎に角」である。

 店主の山田栄行さんは、ラーメンの奥深さに魅せられて飲食関係の会社から脱サラして、ラーメンの世界へと転身した。濃厚なスープは豚、鶏、牛と3種の動物系素材にふんだんな魚介ダシをブレンドしたもの。力強いスープに合わせるのは、長年研究を重ねて日々改良し続けている自家製の太麺。毎朝店内の製麺室で作られる麺は、もっちりとした口当たりながらも噛むとしっとりとした食感で押し返す。小麦の素材感ある味わいと鼻に抜けていく風味は、麺そのものの美味しさを感じられるもの。こちらではラーメンの他につけ麺も人気が高いが、麺の美味しさをストレートに味わいたいのであれば「油そば」がおすすめだ。麺と油、タレとほぐしたチャーシューや刻みネギなどを一緒によくかき混ぜて食べる「スープのないラーメン」。様々な味を麺がまとい、麺の美味しさを引き立てる。添えられたスープを入れるとまた新たな味が顔を出す。

 オープン以来、基本的な味の方向性は変わっていないが、日々少しずつ改良を重ねて進化し続けているメニューたち。店主の弛まぬ向上心があるからこそ、人は並んででもこの店の味を食べたいと思うのだ。

 【交通】JR線、新京成線松戸駅より徒歩2分。電話047(361)4667。