ORICON NEWS


伊藤沙莉、90年代のティーンに大変身 映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』

  • LINEで送る

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』(11月5日よりシネマート新宿ほかで公開&NETFLIXで配信開始) (C)2021 C&I entertainment bokutachiha.jp

 小説家・燃え殻のデビュー作を、森山未來、伊藤沙莉、大島優子、萩原聖人、東出昌大、SUMIRE、篠原篤ほかの出演で映画化した『ボクたちはみんな大人になれなかった』(11月5日よりシネマート新宿ほかで公開&Netflixで配信開始)の初公開となる場面写真9枚が披露された。

【写真】同棲相手の恵を演じる大島優子ほかあと8枚

 本作は、昔の恋人に間違えてFacebookの友達申請を送ってしまった主人公「ボク」の混沌とした1日から始まる、過去と現在をSNSがつなぐラブストーリー。

 場面写真は、まだ出会い系アプリの無い90年代、文通を通じて出逢った佐藤(森山未來)と、かおり(伊藤沙莉)の初々しい二人の記念撮影のような写真や、2010年代同棲相手の恋人・恵(大島優子)の母親へのあいさつを兼ねた大切な場面、2000年代失恋したばかりの佐藤の前に現れたバーテンダーのスー(SUMIRE)の都会のネオンが映る横顔、1999年代佐藤と最後の言葉を交わしたあとのかおりなど、佐藤を中心としたさまざまな出会いや別れが時代の変化とともに彩られている。

 志した小説家にはなれず、ズルズルとテレビ業界の片隅で働き続けた佐藤にも、時間だけは等しく過ぎて行く。そして、2020年、社会と折り合いをつけながら生きてきた46歳の佐藤は、いくつかのほろ苦い再会をきっかけに、二度と戻らない“あの頃”を思い出す。「あの時も、あの場所も、あの人も、すべてが今の自分につながっている」ことに気づく25年の歳月が描かれる。