ORICON NEWS


菅野美穂・高畑充希・尾野真千子、三者三様の“母親”を熱演 『明日の食卓』本予告解禁

  • LINEで送る

映画『明日の食卓』(5月28日公開)本ビジュアル (C)2021「明日の食卓」製作委員会

 女優の菅野美穂が、主演を務めるのは、『ジーン・ワルツ』(2011年)以来10年ぶりに映画で主演を務める『明日の食卓』(5月28日公開)の本予告映像がWEBで解禁された。

【動画】『明日の食卓』本予告

 本作は、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した「十二歳」で作家デビューし、数々の受賞歴のある椰月美智子が2016年に発表した同名小説を社会派エンタテインメントの旗手である瀬々敬久監督が実写映画化。

 解禁された予告編では、神奈川県在住の仕事復帰を目指す43歳のフリーライターの石橋留美子(菅野)、大阪府在住の30歳のシングルマザーで息子を愛情深く育てながら懸命に生きる石橋加奈(高畑充希)、静岡県で優しい夫と自慢の優等生の息子に囲まれ幸せそうに暮らす36歳の専業主婦の石橋あすみ(尾野真千子)、同じ「ユウ」という名前の10歳の息子を育てる3人の母親たち三者三様の「石橋家」の平和な日常が描かれていく。

 しかし、突如として「ある日、ひとりのユウ君が母親に殺されたー」という言葉と共に衝撃の展開へとつながっていき、子育てや家事に非協力的な夫に対し「協力し合おうって思えないの?」と問い詰める留美子の姿や、加奈に対し「僕のことはもう嫌いなんや!」と叫ぶ息子の勇(阿久津慶人)、そして「僕はいい子じゃない! お母さんもいいお母さんじゃない!」と狂気じみた表情で話す、あすみの息子の優(柴崎楓雅)を捉えたカットなど、それぞれのリアルかつ魂を揺さぶられるシーンが映し出されていき、三つの石橋家がたどり着く運命は私たち観る者の運命そのものかもしれないとメッセージを投げかける。

 主題歌を歌うのは、瀬々監督の『菊とギロチン』(18年)で大杉栄を演じた、ミュージシャンでもある小木戸利光が実弟の小木戸寛と組むバンド・tokyo blue weepsの「Motherland」。2012年リリースのEPに収録されている「dear grandma」を瀬々監督が気に入り、本作のためにアレンジを加え、本編が終わった後に続く「明日」への望みをつなぐ。

 さらにあわせて解禁となった本ビジュアルでは、菅野、高畑、尾野が演じる3人の母親たちがこちらを覗き込むような構図となっており、一見、光に包まれた幸せな雰囲気に見えるものの、真ん中には「息子を殺したのは、私ですか――?」という衝撃のコピーが添えられ、懸命に生きる3人の母親たちの三者三様の運命を予感させるビジュアルとなっている。

 ワンオペ育児や困窮するシングルマザー、世の母親たちを取り巻く環境はかようにも過酷だが、それは決して母親だけの問題ではない。にもかかわらず、その多くを彼女たちが背負わざるを得ない現実がある。子を持つ親なら誰もが直面する問題をリアルに描いた本作。それぞれが子育てに奮闘しながらも、息子を心から愛する幸せな家庭を築いていたはずだったのに、どこで歯車が狂ってしまったのか…。女性が社会、育児、仕事の狭間で揺れ動く、決して他人事ではないリアリティあるサスペンスを瀬々監督がどう仕上げてくるのか、期待が高まる。