ORICON NEWS


ワッキー生出演「お客さんの前で大爆笑を」 がんから復帰で新作ギャグも披露

  • LINEで送る

ニュース番組『ABEMA Prime』(後9:00)に生出演したペナルティのワッキー(C)AbemaTV,Inc.

 中咽頭がんの治療から復帰したお笑いコンビ・ペナルティのワッキー(48)が22日、『ABEMA NEWSチャンネル』ニュース番組『ABEMA Prime』(後9:00)に生出演。40代で直面したコロナ禍での闘病生活について語った。

【写真】番組で新作ギャグを披露したワッキー…ややウケ

 新型コロナウイルスの感染対策のため、外部との接触が一切できない入院生活について、番組MCを務めるカンニング竹山は「僕の亡くなった相方もずっと抗がん剤治療をしていた。そのとき相当苦しそうにしていたが、ご家族などとの面会はできた。ワッキーの場合は、面会も禁じられてより孤独を感じていたのでは」と投げかけると、ワッキーは「つらくもあったが、がん専門の病院内には僕よりもっとつらい人がいた」と振り返った。

 ワッキーは高校時代にサッカーをしていたこともあり、病院にもサッカーをやっている高校生ががんで闘病しているのを知ると「僕よりつらそうにしていた。それを見たら俺なんてもっと頑張らなきゃと奮い立たされた。それが支えになった」と語った。

 治療は退院後が一番つらかったというワッキー。「普通の病気と違うのは、治って退院するのではなく、病院ではこれ以上治療することがない、という状態で退院する。ここからの闘病生活の方がキツかった。気がおかしくなるくらい喉が痛かった」と告白。

 これを聞いたお笑いコンビ・平成ノブシコブシ徳井健太は「芸人にとって喉や声を失うのが一番怖いはず」と芸人目線で問うと、ワッキーも「めちゃくちゃ怖かった。このまま声が出なくなったらどうしようと思った」と当時の気持ちを明かした。

 さらにワッキーは「入院中もネタは考えていたけど、つらい時に思い浮かんだものは全然面白くない」と笑わせつつも、今後について「笑いをめちゃくちゃやりたい。今一番やりたいのは、舞台に立って相方とコンビでネタを披露し、生のお客さんの前で大爆笑をとること」と笑顔を見せた。

 最後にワッキーが入院中に考えたという新作ギャグを披露。一同に笑いが起きるも、ややウケで終わると、ワッキーは「調子が良くない。まだ完治してないかも」とボケて、スタジオが笑いの渦に包まれまれた。